トップ > 規約

日本保険薬局政治連盟規約

(総則)

第1条

本連盟は日本保険薬局政治連盟と称し、本連盟の目的に賛同する薬局経営に携わる者、薬局勤務者および薬事・薬業に携わる者をもって組織する。

第2条

本連盟は事務所を東京都におく。

(目的および事業)

第3条

本連盟は会員相互の全国的協力により薬剤師職能の向上を図るとともに、国民の健康な生活の確立を期するために必要とする政治活動を行うことを目的とする。

第4条

本連盟は目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 政府、関係団体および関係者との折衝
  2. 公職選挙法にもとづく候補者の推薦または支持
  3. 国民に対する広報宣伝
  4. 会員に対する情報の提供
  5. その他の目的達成に必要な事業

(会員)

第5条

本連盟の会員は次の通りとする。

  1. 正会員  本連盟の目的・事業に賛同する薬局経営に携わる者、薬局勤務者および薬事・薬業に携わる者とする。
  2. 賛助会員 本連盟の目的・事業に賛同する法人企業の代表者とする。

2、会員は、会長が別に定める退会届を会長に提出することにより任意に退会することができる。

3、会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

  1. 退会届を提出したとき
  2. 死亡したとき
  3. 賛助会員が第1項の(2)に規定する法人企業の代表者でなくなったとき
  4. 賛助会員につき第1項の(2)に規定する法人企業が解散したとき
  5. 継続して1年以上会費を滞納したとき

(役員)

第6条

役員は正会員の中から次のものをおく。

  1. 幹事 7名以上50名以内
  2. 監事 3名以内

2、幹事のうち会長1名、幹事長1名、副幹事長20名以内、会計責任者1名とする。

3、役員は、会長に対して届け出ることにより任意に辞任することができる。

4、役員は、正会員でなくなったときは、当然に退任する。

(役員の職務)

第7条

役員の職務は以下のものとする。

  1. 会長は本連盟を代表する。
  2. 幹事長は会長を補佐し、会務を統括する。
  3. 副幹事長は会長および幹事長を補佐し、会務を分掌する。
  4. 幹事は幹事会を構成し、規約および総会の議決に基づき、本連盟の事業を執行する。
  5. 副幹事長は会長および幹事長に事故あるときは、あらかじめ定める順位に従い、その職務を代行する。
  6. 監事は本連盟の会務および会計を監査する。監事は総会、幹事会にて意見を述べることができる。

(幹事)

第8条

役員は総会にて選任し、会長、幹事長、副幹事長、会計責任者は幹事会にて選任する。

第9条

役員の任期は2年とし、中途就任者の任期は会長および幹事長の残任期間とする。

第10条

必要があれば顧問および相談役を置くことができ、顧問および相談役は幹事会で決定し、任期は2年間とする。

(会議)

第11条

会議は総会、幹事会及び幹事長会とするほか、必要に応じて別に定めたブロック毎に開催する。

(総会)

第12条

総会は定時総会および臨時総会とする。

定時総会は毎年1回、臨時総会は必要があると認めるとき
会長および幹事長が連名で招集する。

第13条

総会は、会員をもって構成する。

第14条

総会においては幹事会における承認事業および議決事項を報告するものとし、総会の議長は会長又は幹事長とする。

第15条

総会の招集は少なくとも開会の15日前までに、目的とする事項および日時場所を告知して行う。

(幹事会)

第16条

幹事会は定時通常幹事会および臨時幹事会とする。
定時通常幹事会は毎年4回、臨時幹事会は必要があると認めるとき会長および幹事長が連名で召集する。

第17条

幹事会は幹事をもって構成する。
必要がある場合には、監事が出席することができる。

第18条

幹事会においては次の事項を承認又は議決するものとする。

  1. 会務および事業ならびに会計に関する報告の承認
  2. 事業計画および予算の決定
  3. 規約改廃の決定
  4. 幹事長会での議案及び決議方法
  5. その他重要な事項の決定

第19条

幹事会の招集は開会の15日前までに、会長が目的とする事項および日時場所を告知して行う。

ただし、会長および幹事長が必要とする場合はこの限りではない。

第20条

幹事会は幹事の3分の2以上の出席(委任状を含む)をもって成立し、承認および議決は出席者の過半数をもって決するものとする。

2、幹事会の議長および副議長は、会長および幹事長が幹事のうちから選ぶ

(幹事長会)

第21条

幹事長会は、必要に応じて会長および幹事長が連名にて招集することができる。

2、幹事長会は、会長・幹事長および副幹事長で構成するが、必要に応じて会長および幹事長の指名した者も招集できる。

第22条

幹事長会は、幹事会の承認の上議決する事ができる。

2、幹事長会は、幹事会に議案を提出する事ができる。

(会計責任者)

第22条の2

会計責任者に事故がありまたは会計責任者が欠けた場合にその職務を行うべき者は、会長が幹事のうちから指名する。

(事務局および会計)

第23条

本連盟に職員若干名をおく。

第24条

本連盟の経費は会費、寄付金およびその他の収入をもってあてる。

第25条

会費の額および賦課徴収方法は幹事会が決定する

第26条

会費は幹事会で定められた期日内に納付するものとする。

第27条

この規約に定めていない事項は定時総会又は幹事会で決定する。

附則(平成20年度制定)

1.この規約は平成20年度より実施する。

2.会費は、正会員1名¥1,000/月、賛助会員(1法人)¥100,000/年とする。

  1. 正会員は1店舗と読み替える事ができ、その場合は管理薬剤師等にて入会する。
  2. 賛助会員の年会費の期間は、4月から3月までの1年間とする。
  3. 賛助会員の中途入会の場合初年度のみ月割りとし¥9,000/月とする。

3.正会員の会費は正会員が所属する法人が一括して支払うことができる。